■事業内容

リアルタイムで気象コンディションの観測情報を提供。
施設の運営や防災活動等、さまざまなシーンで役立つ情報をお伝えします。

気象観測システム開発・販売
気象観測ネットワークシステムの開発と販売、
Webサイト・テレビ中継・ビジョン等への配信。
防災監視システムの開発と販売

気象観測に関するコンサルティング
ニーズに応じた気象観測機器の選定、設置、
データ配信方法に関するコンサルティング

様々なスポーツシーンに、あらゆるメディアで良質なウェザーコンテンツを提供。
スポーツの面白さや感動をお伝えします。

気象に関するコンテンツ企画・立案とスポーツ各種
各種データ分析からコンテンツ開発、
指数の開発・コンディション予測。

スポーツ中継でのコンテンツ供給・運営
データ解析・提供、CG送出。

webサイトの運営・課金サービス
競馬予想サイト「競馬天気」運営、
月間競馬王(ガイドワークス社)にデータ・原稿提供。

局地予報の作成から開催判断に重要な競技場内のコンディションを解析する
新しい予想サービス

開催や試合継続中止の運営上重要な判断に役立つきめ細かい予報サービスを提供しています。

数値予報に頼り切った予報解析でなく、数値予報モデルのクセや弱点を理解した上で気象状況や対象地点に応じて修正反映していくのが特徴

いままでの局地予報では踏み込めなかった建物や地形など周辺の立地環境を加味した競技場内のミクロの気象を予測する画期的なサービスを実現、ユーザー様からは高い評価を頂いております。

当社では、スポーツの競技と気象のビッグデータを解析し、まったく新しいデータを誕生させています。

感覚的に分かっている気象コンディションの影響を膨大な
データから科学的にその傾向を導き出すことをテーマにしています。

スポーツに精通し気象にも造詣のある(気象予報士)スタッフが解析業務にあたっているのが特徴。

・競技成績
3年以上の競技データが目安
・気象データ
必要な気象データの入手方法をコンサルティングいたします。
必要に応じてリアルタイム観測と長期にわたるデータも可能です。

近年のハード・ソフトの著しい進歩により扱えるデータ量が増大し、それだけCAE/計算機支援工学の分野でも高い精度がえられるようになっています。

これを背景に熱流体解析技術(CFD:Computationnal Fluid Dynamics)への期待も高まっており、機械/装置の設計・開発、データセンターの空調解析など、様々な場面で広く活用されています。

当社では、これまでの豊富な気象観測・予報、可視化の技術をベースに、最先端のCFD技術である数値計算ソフト OpenFOAM を援用したCFD(数値流体力学)解析により、お客様の抱える課題の解決し、新しい価値の創出をご支援いたします。

「風と競輪」(CS放送 スピードチャンネル)画像作成と解説(中野浩一氏との対談形式)
東京マラソン・富士山女子駅伝テレビ中継でサービス

▲このページの先頭へ

気象観測システム・データ配信システムについて
弊社保有特許についてのご案内