データサイエンス

●競馬での事例
暑い時期に限って好走、穴をあける夏馬、その反対の冬馬、いわゆる「季節馬」を体系だって日本ではじめて説明しました。
各競馬場付近の気温と競走成績のデータベースを構築し、それを基に寒/涼/暖/暑/酷暑の5つの気温帯での競走成績を分類することで、 「季節馬」を体系だって導き出しました。

馬場を7つに分類

気候を5つに分類

詳しくは競馬天気ホームページへ

気温を見れば勝ち馬が分かる~気象予報士が教える革命的データ

関連著書:競馬王新書
気温を見れば勝ち馬が分かる
~気象予報士が教える革命的データ
代表三宅執筆(ガイドワークス)

現在、月刊 競馬王 でも執筆中
運営しているWebサイト「穴馬レーダー!競馬天気」で各レースごと閲覧可能。

Page Top